小さい部品の切削加工専門メーカー・斉田製作所
弊社は小さい金属部品・パーツの切削加工専門メーカーとして、また切削部品製造のプロとして、 機械を使う立場で独自開発した世界で唯一のマイコン制御のカム式自動旋盤を使って、 真鍮製の切削部品の安定した品質と低価格、コスト削減でお役に立ちたいですし、 精度の高い小物ねじ部品製作でも、きっとお役に立ちます。 有限会社 斉田製作所
〒197-0831 東京都あきる野市下代継292
TEL : 0120-496-001
FAX : 0120-496-003
前のページに戻る

特注品の単価は?

 小さい部品の切削加工専門メーカーの斉田製作所での、受注製作する部品に対する単価(価格)に対する考えをご説明します。

  • 弊社では、受注製作する部品に対する単価と価格とを、下記のように考えています。
    • ある部品の受注を頂いたら、製造するために自動旋盤にセットします。
      セッティング時間は部品により異なりますが、2時間〜8時間で、この時の作業者の工賃がセッティング工賃となります。
    • セッティング後、自動旋盤で部品を1個製作するのに例えば1.5秒〜6秒の時間が掛かりますが、これが部品1個の工賃の算定の基となります。
    • 部品には、あと材料費が掛かります。
    • 単価=(部品1個の、工賃+材料費)+(セッティング工賃 ÷ 受注数)です。
    • 価格=単価 × 受注数です。
  • その様な訳で弊社では、部品を受注した後、自動旋盤にセッティングして製造し発送を行っていますので、受注数量によって単価が変化します
    • つまり、受注が100個でも100,000個でも、自動旋盤で製造するためには作業者のセッティングが一回は必要なのです。
    • その作業者のセッティング時間の工賃が、受注数量の100個とか、10万個に掛かってきますので、少ない受注数量の場合は、1個あたりの単価が高くなります。
    • この詳細は、「特注品の数量は?」で具体的に説明しています。ご参照下さい。
  • 安く作る相談に乗ってもらえるの? (←ここをクリックすると、具体案のページに飛びます。)
    勿論です。下記の点をご相談頂けると嬉しく思います。
    • 部品の形状を変えることで、作りやすくなれば、単価が安くなります。
    • 部品の材質を変えることで、作りやすくなれば、単価が安くなります。
    • 部品をまとめ注文を頂くことで、数量を多く作れば、単価が安くなります。
    • 部品の公差を少しでもラフに出来れば、単価が安くなります。
  • ご参考までに、真鍮材で、太さ=φ2.5、長さ=1.2mmのあるパーツを、1分間に40個(1個を1.5秒間で)製作した実績があります。
    1時間では、2,400個、1日では50,000個余り製造できる計算です。
    1ヶ月(20日間)で100万個の製造数になる!!(実際は、この計算通りには出来ませんが)
前のページに戻る
  お問い合わせは、こちら