小さい部品の切削加工専門メーカー・斉田製作所
弊社は小さい金属部品・パーツの切削加工専門メーカーとして、また切削部品製造のプロとして、 機械を使う立場で独自開発した世界で唯一のマイコン制御のカム式自動旋盤を使って、 真鍮製の切削部品の安定した品質と低価格、コスト削減でお役に立ちたいですし、 精度の高い小物ねじ部品製作でも、きっとお役に立ちます。 有限会社 斉田製作所
〒197-0831 東京都あきる野市下代継292
TEL : 0120-496-001
FAX : 0120-496-003

前のページに戻る

社長ご挨拶・スタッフ紹介

社長ご挨拶

このページのトップに戻る

代表取締役社長 斉田 朋孝(ともたか)  (写真をクリックすると大きく表示されます)
社長 生年月日 1967(昭和42)年8月13日
出 身 校 東海大学 制御工学科
趣  味 スキー
(クリックで、Wikipediaが開きます)

 この度は弊社のホームページにアクセス頂き、誠にありがとうございます。

 小さい部品の切削加工専門メーカーの弊社は、1965年からカム式自動旋盤での旋削一筋の会社でございます。

 先代の社長(斉田 孝:私の父)は、自動旋盤メーカーの野村精機の立上げ時から自動旋盤の設計に携わってきました。
 野村精機が初めて開発・製造・販売をしたP-8型自動旋盤は、斉田 孝の設計したものです。その後も、工場長と設計を兼任して、幾多の自動旋盤を設計しました。

 斉田製作所を1965年に創業して以来、弊社では自社で使っていたP-8型自動旋盤の改造を続けてまいりました。

 その改造の中身は、自動旋盤の機械構造の改造、オートバーの制御回路の改造、自動旋盤の駆動方法の改造、周辺装置の開発、等多岐に渡っております。
 そして、これからも開発・改造は続けてまいります。

 この度は、そんな弊社の切削加工技術をより多くのお客様に使っていただきたく思いまして、インターネットを通じてご紹介申し上げる次第でございます。

 「技術にこれで良いと言う事はない」という想いに基づき「日々研鑽」をモットーに従業員一同、お客様に満足して頂ける部品を供給してまいりたいと存じますので、ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

主なスタッフ紹介

このページのトップに戻る

信孝 職 務 技術部門取締役
(兼)製造スタッフ
氏 名 斉田 信孝 (さいだ のぶたか)
入 社 1995年
趣 味 映画鑑賞
コメント 誠意を持って、『最良・最善』を御提案させて頂きます。

曽我 職 務 品質管理係長
(兼)製造スタッフ
氏 名 曽我 佳弘 (そが よしひろ)
入 社 2000年
コメント お客様に「安心」を届けられる様、これからも品質管理の要として日々精進して参ります。

孝次 職 務 技術顧問
(兼)ウェブマスター
氏 名 斉田 孝次 (さいだ こうじ)
入 社 1965年
出身校 東京都立 国立(くにたち)高等学校
趣 味 弓道
コメント 1965年の創業以来、会社と共に生きている、当社の生き字引と自認している私に、何なりとご相談下さい。精一杯お応えいたします。

このページのトップに戻る

お問い合わせは、こちら