小さい部品の切削加工専門メーカー・斉田製作所
弊社は小さい金属部品・パーツの切削加工専門メーカーとして、また切削部品製造のプロとして、 機械を使う立場で独自開発した世界で唯一のマイコン制御のカム式自動旋盤を使って、 真鍮製の切削部品の安定した品質と低価格、コスト削減でお役に立ちたいですし、 精度の高い小物ねじ部品製作でも、きっとお役に立ちます。 有限会社 斉田製作所
〒197-0831 東京都あきる野市下代継292
TEL : 0120-496-001
FAX : 0120-496-003

前のページに戻る

ローズ(RoHS)指令

 弊社で使っている材料では、真鍮(しんちゅう)や、真鍮以外の銅合金快削鋼・ステンレスなどの鉄合金、そしてアルミ合金がローズ(RoHS)規制にかかり、規制物質は下記の三物質、鉛・カドミウム・六価クロムが該当します。  水銀(Hg)は、弊社で使っている材料には含まれておりません。
 ソニー株式会社と、パナソニックグループの環境に関する規定・基準は下記のキーワードでGoogle等で検索してみて下さい。
  • ソニー株式会社 部品・材料における環境管理物質 管理規定(SS-00259)
  • パナソニックグループ グリーン調達基準書

 鉛(Pb)は、材料の切削性を良くするために、材料メーカーで意図的に添加しているものです。
 鉛(Pb)含有量は、ローズ(RoHS)指令での金属材料への添加物としての規制値は、下記の通りです。
  • 銅合金(真鍮、リン青銅、洋白)は、4wt%(4 ウエイト・パーセント)未満。
  • アルミニウム合金は、0.4wt%(0.4 ウエイト・パーセント)未満。
  • 鋼材(快削鋼、ステンレス)は、0.35wt%(0.35 ウエイト・パーセント)未満。

前のページに戻る


 カドミウム(Cd)は、銅合金等に使われる”亜鉛を採掘した時の不純物”として含まれるものです。
 カドミウム(Cd)含有量は、ローズ(RoHS)指令での金属材料の不純物としての規制は、明確な規制値はありませんが、 日本の大手電機メーカーでは、カドミウム(Cd)の含有率を75ppm(=0.0075%)以下での管理を要求している会社が多いようです。
  • 真鍮は亜鉛の含有率が高い(約40%)ので、カドミウム(Cd)75ppm以下の規制に注意が必要です。
  • 快削リン青銅は、亜鉛(Zn)の含有率が1.5%〜4.5%で、亜鉛内の不純物としてのカドミウム(Cd)は75ppm以下の規制をクリアーしています。
  • 快削洋白は、亜鉛(Zn)が20%位含有の合金ですが、快削洋白の亜鉛(Zn)には、再生亜鉛ではなく、純度の高い電気亜鉛を使用していますので、カドミウム(Cd)は75ppm以下の規制をクリアーしています。
  • 快削アルミは、亜鉛(Zn)の含有率が0.30%以下ため、亜鉛内の不純物としてのカドミウム(Cd)は75ppm以下の規制をクリアーしています。

前のページに戻る


 六価クロム(Cr+6は、亜鉛メッキの六価のクロメート処理時に含まれます。
 三価のクロメート処理をすることで、対処します。
  • wt% (ウエイト・パーセント)とは、重量(weight)パーセントの事です。
  • 1% (1パーセント)とは、"百分の一"のことです。
    1=100%で、
    1%=0.01=10,000ppmです。
  • 1ppm (1ピーピーエム)とは、"百万分の一"のことです。
    1=1,000,000ppmで、
    1ppm=0.000 1%=0.000 001です。
    1ppm=(一万分の一)%です。
    "ppm"を英辞郎 on the WEBで調べる

このページのトップに戻る

お問い合わせは、こちら