小さい部品の切削加工専門メーカー・斉田製作所
弊社は小さい金属部品・パーツの切削加工専門メーカーとして、また切削部品製造のプロとして、 機械を使う立場で独自開発した世界で唯一のマイコン制御のカム式自動旋盤を使って、 真鍮製の切削部品の安定した品質と低価格、コスト削減でお役に立ちたいですし、 精度の高い小物ねじ部品製作でも、きっとお役に立ちます。 有限会社 斉田製作所
〒197-0831 東京都あきる野市下代継292
TEL : 0120-496-001
FAX : 0120-496-003
前のページに戻る

NC自動旋盤の長所と短所

NC自動旋盤 とは、

  • NC自動旋盤は、主軸の長手方向の動きと、刃物の径方向の動きを『サーボモーター』により、動かします。その動き量や早さなどの制御は、コンピューターの工程プログラムにより行います。
    その為に、製品ごとに工程プログラムを設計し、コンピューターに入力します。
  • 最近のNC自動旋盤ではコンピューター制御により、主軸を回転させての丸物切削加工に加えて、主軸の回転を止めてのエンドミル切削加工などが出来ます。
    NC自動旋盤では、Dカットや、横穴加工、横タップ加工、等の付加加工が可能となっています。
  • NC自動旋盤とは、数値制御(Numerical Control)方式の自動旋盤の事です。
  • CNC自動旋盤とは、コンピューター数値制御(Computer Numerical Control)方式の自動旋盤の事です。
    基本的にはNC自動旋盤もCNC自動旋盤も、どちらも同じです。
前のページに戻る

★NC式自動旋盤の、長所短所

 --- 長所 ---

  • セッティング変更が簡単。
  • 1μmの寸法調整も、コンピューターで動作量に補正をかけて調整するので、簡単。
  • 職人のカン・コツの要素を必要とする部分が少なく、技術の伝承が簡単。

 --- 短所 ---

  • 簡単な部品でも、加工時間が比較的長い。(5秒/ケ〜)

★一般的なカム式自動旋盤と、NC式自動旋盤の、両方に共通する短所

  • 小さい部品では、パーツキャッチャー等で回収しても、部品と切り粉の分離が難しく手間が掛かります。
  • 小さい部品では、回収率も低くなりがちです。

 

前のページに戻る
  お問い合わせは、こちら