小さい部品の切削加工専門メーカー・斉田製作所
弊社は小さい金属部品・パーツの切削加工専門メーカーとして、また切削部品製造のプロとして、 機械を使う立場で独自開発した世界で唯一のマイコン制御のカム式自動旋盤を使って、 真鍮製の切削部品の安定した品質と低価格、コスト削減でお役に立ちたいですし、 精度の高い小物ねじ部品製作でも、きっとお役に立ちます。 有限会社 斉田製作所
〒197-0831 東京都あきる野市下代継292
TEL : 0120-496-001
FAX : 0120-496-003
前のページに戻る

切削丸物部品を作っています。

 小さい部品の切削加工専門メーカーである弊社のマイコン制御のカム式自動旋盤では、下記のような部品製造が得意です。

  • 単純な丸物部品の製造
  • チェーシングによる、ねじ部品の製造
  • すりわり(マイナス)溝を、部品の片側に加工する
  • 片側端面側を、小判型に加工する部品の製造
  • ボッチ(ダボ、凸、ヘソ)取り用の、凹みを付ける部品の製造

 こんな形状の部品は、弊社では製造できません。
 (主軸の回転を止めないと加工できない形状です)

  • 横穴のある部品の製造
  • 横タップのある部品の製造
  • Dカット等のエンドミル加工のある部品の製造
  • 六角カットのある部品の製造
  • 偏芯穴加工のある部品の製造
前のページに戻る

一本の材料から作ることができる、部品の数

 一本の材料から部品を加工するとき、材料一本から何個の部品が加工出来るかを説明します。

 2.5m(2,500mm)の長さの材料を使って、全長が3mmの部品を加工する時を説明します。 1m(メートル)の長さをmm(ミリメートル)の単位に直すと、1m=1,000mmとなります。 2.5m(2,500mm)の材料長さを全部は使えないで、残材としての端材が残ります。
 弊社ではこの残材の長さを、180mmとして計算します。

 部品を長い材料から切り落とす時、包丁のような刃物で切り落とすのではなく、言うなればノコギリの様な幅(厚み)を持った突切りバイトで切り落とします。この突切りバイトの幅(厚み)を1mmとしますと、部品を1個作る毎に、この1mmも材料から消耗します。

 その為に、全長が3mmの部品を1個作るには、 材料は(3mm+1mm=)4mm消耗します。

 2.5m(2,500mm)の材料から加工される全長が3mmの部品の数量は、
(材料長 − 残材長) ÷ (部品全長 + 突切り幅)の計算をします。

 2.5m(2,500mm)の材料から作る事ができる全長が3mmの部品の数量は、今回の具体的な数値を当てはめると(2500 − 180) ÷ (3 + 1)= 2320 ÷ 4 = 580個となります。

 

前のページに戻る
  お問い合わせは、こちら