小さい部品の切削加工専門メーカー・斉田製作所
弊社は小さい金属部品・パーツの切削加工専門メーカーとして、また切削部品製造のプロとして、 機械を使う立場で独自開発した世界で唯一のマイコン制御のカム式自動旋盤を使って、 真鍮製の切削部品の安定した品質と低価格、コスト削減でお役に立ちたいですし、 精度の高い小物ねじ部品製作でも、きっとお役に立ちます。 有限会社 斉田製作所
〒197-0831 東京都あきる野市下代継292
TEL : 0120-496-001
FAX : 0120-496-003
前のページに戻る
 下記の箇条書き部分をクリックすると、その詳細を説明するページにリンクします。
  • 自動旋盤は大きく分けて 3 種類有ります (詳細へ)
    • マイコン制御のカム式自動旋盤
    • カム式自動旋盤
    • NC自動旋盤
  • マイコン制御のカム式自動旋盤の長所と短所 (詳細へ)
      --- 長所 ---
    • 主軸の回転数を、加工工程に最適な回転数に自由に設定可能です。結果として、加工時間が短くなります。
    • カム軸の回転する速さを、切削工程も、非切削工程も、自由な速さ・最適な速さに設定可能です。結果として、加工時間がさらに短くなります。
    • 機構上スプリングで戻る箇所を、コンピューターで戻ったことを確認をすることで、安全・安心・精度の高い部品の製作ができます。
    • 製品をピックアップ装置(ツマミ)でピックアップするので、小さい製品では切り粉との分別が出来て、製品の回収率が高くなります。
      --- 短所 ---
    • 極端に小さい製品では、ピックアップ装置(ツマミ)のセッティングに時間が掛かります。
  • カム式自動旋盤の長所と短所 (詳細へ)
      --- 長所 ---
    • 簡単な部品は、加工時間が短い。(2秒/ケ〜)
      --- 短所 ---
    • セッティング変更に時間が掛かる。
    • 1μmの寸法調整も、機械的なダイヤルを回して調整するので、難しい。
    • 職人のカン・コツの要素を必要とする部分があり、技術の伝承が難しい。
  • NC自動旋盤の長所と短所 (詳細へ)
      --- 長所 ---
    • セッティング変更が簡単。
    • 1μmの寸法調整も、コンピューターで動作量に補正をかけて調整するので、簡単。
    • 職人のカン・コツの要素を必要とする部分が少なく、技術の伝承が簡単。
      --- 短所 ---
    • 簡単な部品でも、加工時間が比較的長い。(5秒/ケ〜)
  • 切削部品の作り方は? (詳細へ)
    • 数量が少ない(〜10,000個)場合には、セット替えに時間の掛かるカム式自動旋盤では、1個の生産時間を少なくするメリットが余り出ません。
    • 1個の生産時間が多少長くても、セット替え時間の少ないNC自動旋盤で作った方がメリットがあるでしょう。
    • 数量が中程度(10,000個〜100,000個)の場合には、1個の生産時間を少なくするよりも、品質の安定とセット替えを簡単にする製作方法を取ります。
    • 数量が大程度(100,000個〜800,000個)の場合には、品質の安定度と1個の生産時間を少なくする事を考え、セット替え時間の短縮は余り考えません。
    • 数量が極大(800,000個〜)の場合には、実際に製作しながら自動旋盤の動きを観察し、0.01秒単位での時間短縮を試行します。
  • 自動旋盤で、切削速度 とは? (詳細へ)
    • 切削速度とは、材料が止まっていて刃物が動く時の、刃物の動く速度を言います。単位は、"m/分" です。1分間に進む距離をm(メートル)で表します。
    • 木工でのカンナを思い浮かべてください。カンナの刃が 1秒間で50cm(=0.5m)動く時、その切削速度は0.5m × 60秒 = 30m/分となります。
    • ただし、旋盤では刃物が動かずに材料が回転しますので、少しややこしくなります。自動旋盤の場合は、材料外径の周速(m/分)を"切削速度"とします。
  • 自動旋盤で、切削送り とは? (詳細へ)
    • 自動旋盤では、主軸1回転(revolution)当たりの送り量(mm)です。
      単位は「mm/r」です。(rは、revolution:回転のrです)
    • ミーリングなどでは、1分間(minute)当たりの送り量(mm)です。
      単位は「mm/分」です。
  • 切削丸物部品を作る (詳細へ)
    • チェーシングによる、ねじ部品の製造
    • すりわり(マイナス)溝を、部品の片側に加工する
    • ボッチ(ダボ、凸、ヘソ)取り用の、凹みを付ける部品の製造
  • 過去に作った切削丸物部品 (詳細へ)
    • 本文では、図と写真入りで紹介していますので、ぜひ本文を参照してください。

前のページに戻る